結婚式場の半分がお見積もりから2倍近い金額を請求するということを知っていますか?

ブライダル業界の真実をお伝えします。 結婚式場は1組に払って欲しい最低金額を設定しています。 例えば1組500万円は最低支払ってほしいなと言った具合に・・・ それならお見積もりは500万円以上になると思われがちですが実は違います 結婚式場のお見積もりは以下のようになります。 お見積もりは250万円になります。 最低金額が500万円なのにどうしてお見積もりが250万円なの? 問題ありません。挙式後のご請求金額は500万円になっているからです。 ブライダル業界ではお見積もり金額と請求金額が大きく異なるという事例が多発しています。

どうしてお見積もりを偽る必要があるのでしょうか 会場は違っても料理・サービスは似た2つの式場。 式場A250万円、式場B500万円 あなたはどちらの結婚式場を選びますか? 他の結婚式場にお客を取られないようにするため異常に安いお見積もりが出されます。 お見積もりの金額が上がる結婚式場はキャンセルするわ キャンセルはできますよ 招待状を配った後にキャンセルができますか? 友だちには笑われ、両親には心配がかけられませんか? ほとんどの新郎新婦は増える金額にドギマギしながら結婚式当日を迎えます。 そして約5割の新郎新婦が2倍になった請求書を受け取っていることでしょう。 ここで断言します。 R-BRIDALではお見積もりからほとんど金額は変わりません。

それはなぜなのか違いを見てみましょう

衣装の場合

一般的な結婚式場の場合

見積りの衣装代は型が古いドレスの価格だったので見積もりから+70万円増やして着たいドレスを注文をした。

R-BRIDALの打ち合わせ

高価な衣装も+3~5万円借りられるからちょっと贅沢をしちゃった。

お花の場合

一般的な結婚式場の場合

見積りのお花では寂しかったので+55万円の花を注文した。

R-BRIDALの打ち合わせ

お見積もりでも満足できる充分なお花をご用意します。

料理の場合

一般的な結婚式場の場合

料金を追加しないと料理が物足りない。

R-BRIDALの打ち合わせ

お見積もりの料理で充分満足できる。

見積りと請求の比較

一般的な結婚式場の場合

お見積もりから2倍以上の請求金額が来た。

R-BRIDALの打ち合わせ

ちょっぴり贅沢をしてお見積もり+20万円の予算内の請求金額が来た。

R-BRIDALが喜ばれる理由

一般的な結婚式場の場合

お見積もりから2倍以上の請求金額が来た。

R-BRIDALの場合

ちょっぴり贅沢をしてお見積もり+20万円の予算内の請求金額が来た。

予算通りの結婚式

雑誌・ネットに書かれているほとんどの式場のお見積り金額は最終請求額よりも大幅に低く設定されています。 お見積り金額が予算内だからと安心して申し込みをしてしまうと挙式後は予算を大幅に超えた請求書を受け取ることに・・・。
R-BRIDALでは最終請求金額が予算内に収まるようにご案内しています。

直接式場見学に行くと

お見積もり金額と違う請求金額を受け取ることに

R-BRIDALの式場見学

予算内に収まる式場を見学に周ります。

R-BRIDALでは3時間で4件の式場見学!

当社のプランナーが車を使って名古屋の式場を効率良くご案内。
式場の長い説明は全部カット。当社のプランナーがポイントを押さえてご説明します。式場の雰囲気を把握しましょう。

先頭へ戻る